体重チェックと予防接種

体重は変わらないけど、見た目スッキリ!

ダイエットをはじめてから、カロリー制限する目的で食事にはボウル1杯の千切りキャベツを食べるようにしました。

まずは、千切りキャベツを食べて、それから味噌汁やスープ物を食べて、それからメインやご飯を食べる順番に変えました。

ボウル1杯の千切りキャベツって、かなりの量があります。食べても食べてもなかなか減りません。

千切りキャベツには、カロリーの低いドレッシングをかけるようにしています。ノンオイルの青紫蘇だったり、ノンオイルのゴマドレッシングをよく使います。たまに、サウザンアイランドや、チーズ系やマヨネーズをかけると、とっても美味しく感じます。

やはり、カロリーが高い食べ物って美味しいんだな。と実感します。千切りキャベツをむしゃむしゃ食べていると、10分か15分かかります。

意識して食事をゆっくり摂るようにしているせいもありますが、千切りキャベツを食べ終わる頃には、メインの料理やごはんが冷めてしまいます。冷めた料理っていうのは、あまり美味しく感じない物だと実感しました。

キャベツをむしゃむしゃ食べると、以前より咀嚼する回数が格段に増えました。

だから、よく「やせたね。顔が小さくなったね」と言ってもらえるようになりました。

実際に体重の変化はまだ見られないのですが、確かに顎のラインがシャープになりました。咀嚼して顎を動かすことで、小顔になれるんだと証明できました。

体重チェックと予防接種

これも成長の証だと思えばいいんでしょうか

前回の予防接種から4週間。

ようやくヨチヨチと歩くようになってきた我が子を横目で見ながら、次の予防接種の電話を小児科にしている途中。

子供が机の上に置いてあった紅茶を頭から思い切りかぶりました。

私が手の届くスペースに紅茶を置いてしまったのがいけなかった。

電話越しで小児科の受付の方に子供の泣き声を聞かれて慌てて「かけなおしてもいいですか?」と言って、いったん電話を切って、子供をすぐさまお風呂場へ行きました。

火傷のときはすぐに冷やすという頭しかなくて、そのまま流水でしばらく冷やして服をぬがして、また冷やし。

子供が凍えてきたので火傷をおっていない部分をぬるま湯で温めて、しばらく様子をみることにしました。着替えてしばらくするといつも通りに元気に遊び始めたので一安心。残ったのは紅茶のしみだらけになった絨毯と子供が着ていたベストです。

ベストはお湯につけたらみるみる汚れがとれたので良かったのですが、問題は絨毯。

濡れたフキンでゴシゴシこすっていると、私のお尻をペンペンと叩いてくる子供。「こうなってるのはお前のせいなんだよ!」と言ってもニコニコしています。

いつの間にかハイハイから立つようになり、歩くようになり、机に手が届くようになって、今まで以上に行動範囲も広くなってきたので、これも成長の証…。

気を付けなければいけないのは自分自身だなと反省して、もう一度、小児科に予防接種の電話を入れました。

30分ぐらいの出来事ですが、疲れてしまって、きょうは何のやる気も起きません。

カテゴリー: 忘備録 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です