運動が苦手だけど痩せたい(泣)

運動は苦手。でも痩せたい。

そうしたら食事方を気を付けるしかないですよね。

ダイエットはしたいけど、無理なダイエットは続かないし、激しい運動もしたくない。

そうしたらもう食事の仕方を気を付けるしかないですよね。

わたしが実践しているのは、今はほぼ常識みたいになってることですけど、食べる順番ダイエットです。

血糖値の急上昇を押さえる食べ方で、先にお野菜を食べてから次にお肉などのタンパク質をとって、最後にご飯などの糖質をとるという食べ方です。

あといも類も野菜ではなくて等質の分類に入ってくるので先に食べてしまわないことです。

サラダとかを食べるときについついマヨネーズとかドレッシングにカロリーの高いものをもってきてしまいがちですが、ポン酢や和風ドレッシングやオニオンドレッシングとかにしてみましょう。

ノンオイルに手を出しそうになりますが、逆にオイル入りのドレッシングの方がオイルがコーティングしてくれるので吸収するスピードが遅くなるのでいいですよ!

順番さえ守ればお昼に関しては、そこまでメニューにこだわらなくても好きなものを食べても大丈夫だと思います。

さすがに毎日油ものだったら太りますけどね。笑

間食はしないにこしたことないですが、どうしても食べなくなったら、果物やナッツ類を200キロカロリー以下にしてください。

食べる時間は一番太りにくいと言われている14時から15時の間にしてみてください。

そしてなるべく早めに夕食を軽めにとってなるべく寝るまでの時間をあけてみてください。

お仕事でなかなか早く食べれない人は極力糖質は制限した方がいいかもしれませんね。

私はこの方法でダイエットに成功したので、試してみてください。

キレイに字が書けるコツ

字が汚いと損をすることが多いですよね。

面接でもまずは字がキレイかどうかを見られますし、日常生活においても何かを「書く」という機会は多いと思います。

男から見ても、どんなに容姿が美しくても字が汚い女性というのは何となく避けたくなるものです。

さて、字が上手くなるコツですが、特別な教材は必要ありません。

上手い人の字を見本にして練習するという方法も確かに効果的ではありますが、字がキレイになるまでには長い時間が掛かってしまいます。

実はそこまでしなくても字が上手くなるコツがあります。

人が字がキレイなのかどうかを判断しているのは脳です。

脳が判断する基準は書かれている線もそうですが、字と寺の隙間が均等かどうかで判断しています。

方眼紙に字を書いて隙間が「均等」かどうかを気にしながら字を書くだけで、アナタの字はきっとキレイになっていきます。

カテゴリー: 忘備録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です